Kyoto Japan

トップページ > 機器活用

お知らせ

2017年06月02日
第1回 EMC技術セミナー (2017年6月28日)開催 new!京都府中小企業技術センター
2017年05月12日
機械製図講習会(LEVEL2)のご案内 (2017年6月13日)開催京都府織物・機械金属振興センター
2017年05月12日
機械製図講習会(LEVEL00)のご案内 (2017年6月27日)開催京都府織物・機械金属振興センター
2017年05月12日
シーケンス制御基礎講座のご案内 (2017年6月16日)開催京都府織物・機械金属振興センター
2017年05月01日
工作機械精度測定システム取扱い実習のご案内 (2017年5月29日)開催京都府織物・機械金属振興センター
2017年04月24日
平成29年度 機械製図講習会(LEVEL00)-知識ゼロからはじめる図面の読み方-京都府織物・機械金属振興センター
2017年02月20日
平成28年度「環境・エネルギー分野における新事業創出のための大学等の計測・分析機器活用実態調査」報告会 「大学等の高機能分析・計測機器の公開と利用促進に向けて」(公財)京都高度技術研究所(ASTEM)
2017年02月03日
「平成28年度機械加工技術セミナー~工具カタログにデータマイニング手法を応用した切削条件決定~」の御案内京都府織物・機械金属振興センター(公財)京都産業21
2017年02月01日
平成28年度 5軸マシニングセンタ講習会の御案内京都府織物・機械金属振興センター
2016年12月22日
第19回 光ものづくりセミナー京都府中小企業技術センター
お知らせ一覧
 

公的支援機関が保有する機器を活用ください

京都には中小企業の方が研究開発・製品開発に当たって活用できる機器を保有する公的機関が多くあります。 こうした機器の活用に当たっては、担当者が必要な説明を行い、また、必要に応じて専門スタッフのサポートが受けられる場合もあります。
各機関はそれぞれ特徴を持っており、最先端の実験機器から汎用的な試験機器まで幅広い機器を利用することができます。是非こうした機器を積極的にご活用ください。

機器活用パンフレットのダウンロード

丹後・知恵のものづくりパーク

丹後・知恵のものづくりパークでは、(公財)京都産業21及び京都府織物・機械金属振興センターが各々所有する機器を設置しています。
機械・金属関係を中心とした試験、分析、測定、加工等の各種機器をはじめ、織物関係の織機、試験検査装置等、43機種63台を取りそろえており、試作から試験検査までの一連の工程が本パーク内で完結可能なうえ、技術相談等のサポートもいたします。
  • 京丹後市峰山町荒山225
  • ・(公財)京都産業21北部支援センター 電話:0772-69-3675 URL
  • ・京都府織物・機械金属振興センター  電話:0772-62-7400 URL

京都大学 学際融合教育研究推進センター ナノテクノロジーハブ拠点

京都大学ナノテクノロジーハブ拠点は、70台の最新鋭微細加工装置群と8名の専門技術職員を擁する微細加工プラットフォームを駆使して,シンセシス知を創出・蓄積・活用・継承するためのアンダーワンルーフ型研究開発環境と人的交流環境を提供します。

  • 多種多様な基板・薄膜材料を4.6インチのウエハレベルで加工・評価することができる、ナノマイクロファブリケーション試作ラインを完備し、基礎実験だけでなく、量産を踏まえた試作まで可能です。
  • 学内と学外の差のない支援サービスを提供します。
  • 各装置に精通した技術職員が、技術相談、機器利用/技術補助、技術代行をサポートいたします。
  • 装置毎の利用料金表をHP上で公開。事前の概算が可能です。
  • 京都市左京区吉田本町 工学部物理系校舎327号室
  • 電話:075-753-5231 URL
  •  

京都府中小企業技術センター

 『技術相談の玄関口』として、センターが保有する分析・測定機器などを活用して、府内の中小企業さんが抱えておられる技術的な問題の解決や技術力の向上、新技術や新製品の開発などの支援をしています。
 機器の活用には、自ら機器を使用していただく「機器貸付」とセンター職員が依頼を受けて試験・分析を行う「依頼試験」があります。

主な機器

  • ・CNC三次元座標測定機等:寸法・形状の精密測定
  • ・万能材料試験機、摩耗試験機等:金属・工業材料等の強度、機能評価試験
  • ・工業X線透視装置:非破壊による透視観察
  • ・電気・電子測定試験装置等:電子機器の開発・設計支援、EMC試験
  • ・X線・分光分析装置、電子顕微鏡等:工業材料等の分析、観察
  • ・冷熱衝撃試験機等:環境試験による製品・部品の信頼性試験・性能評価

本所 

 京都市下京区中堂寺南町134

 電話:075-315-2811  https://www.kptc.jp/ 

 

中丹技術支援室

 京都府綾部市青野町西馬場下38-1

 電話:0773-43-4340  https://www.kptc.jp/p_chutan/

  • 京都市下京区中堂寺南町134
  • 電話:075-315-2811 URL
  •  

地方独立行政法人 京都市産業技術研究所

地方独立行政法人京都市産業技術研究所は、1)ものづくり中小企業への技術支援、2)新事業創出への挑戦(第二創業・新事業創出)、3)伝統産業分野への支援、で要約される三大役割を担っています。
当所の機器をご活用いただくに当たっては、●共同研究、●ORT[On the Research Training:テーマを決めて研究員の指導を受けて研究等を実施し、その手法等を会得する]、●技術指導、●分析・試験機器の使用などのご利用形態があります。

金属系材料、無機系材料、有機系材料、またそれらの製品等を対象として、分析用/観察用/計測用/物性試験用/実験・加工用機器がかなり幅広く整備されています。当研究所URLの「機器設備」の項を是非、一度ご覧ください。個々の機器設備等につきまして写真入でその仕様等まで詳細にご覧いただけます。

  • 京都市下京区中堂寺粟田町91
  • 電話:075-326-6100 URL
  •  

京都バイオ計測センター<(地独) 京都市産業技術研究所>

京都市では、京都バイオシティ構想のもとに取り組んできた様々な実績をもとに、独立行政法人科学技術振興機構(JST)の地域産学官共同研究拠点整備事業に採択、整備された分析・計測機器を活用する拠点(オープンラボ)として、2011年7月に、京都リサーチパークKISTIC棟4階に「京都バイオ計測センター」を開設しました。

当センターでは、様々なバイオ関連のニーズに応える先端的な分析・計測機器と熟練した研究者による徹底的なサポートにより、機器の利用とそのための支援、産学公共同研究開発の促進、人材育成といった活動を通して、京都発のライフサイエンス分野におけるものづくり技術や研究開発力の向上と発展に貢献することを目指しています。

  • 京都市下京区中堂寺南町134番地 KISTIC棟4階
  • 電話:075-326-6101 URL
  •  

次世代レーザープロセッシング技術研究組合

当組合は、様々な物質の表面だけでなく内部に対しても物理的・化学的特性を三次元的に変化させることができる超短パルスレーザー加工技術を有しています。超高速・高効率・低コスト化に向けた処理が可能な次世代レーザープロセッシング技術を活用しつつ、京都大学などの研究機関と連携しながら試験研究を実施しています。とくに、情報、環境、安全・安心,エネルギー等の分野が抱える技術的諸問題に対して対応可能な基盤技術の構築を図っています。
また、将来の科学技術を支える人材の育成も行っています。具体的には、レーザーを用いた光加工技術を中心に様々な分野の専門家を招き、一般公開セミナーや機器講習会などを開催しています。
  • 京都市西京区御陵大原1-30-201
  • 電話:075-381-7990 URL
  •  

京都大学微細構造解析プラットフォーム

京都大学における微細構造解析プラットフォームでは、特色ある最先端の透過電子顕微鏡を用いた各種ナノ材料や有機、無機物質で合成された先端機能性材料の微細構造解析と元素分析を主な研究領域として支援を行います。
支援装置として、化学研究所に設置されている極低温高分解能透過電子顕微鏡と球面収差補正透過電子顕微鏡を登
録しています。極低温電子顕微鏡では、液体ヘリウムにより試料を4.2 Kに冷却することで、電子線による試料の損傷を極力低減した微細構造情報の取得とその解析の支援を行います。また、対物レンズの球面収差を補正した透過電子顕微鏡では、原子分解能レベルの高分解能観察および電子エネルギー損失スペクトルによる元素分析の支援を行います。
  • 宇治市五ヶ庄 京都大学化学研究所複合ナノ解析化学内
  • 電話:0774-38-3051 URL
  •  

京都大学エネルギー理工学研究所

京都大学ADMIRE計画では、文部科学省の事業の一環として先端研究機器の民間企業への共用を行っております。主な機器としては、2基のMV級加速器を中心とするイオン照射システム(略称DuET)と、MUSTER施設と呼んでいる先進材料評価のための装置群です。
MUSTER施設は、サブナノスケールから実用寸法のレベルまで連続的にマルチスケールで、化学組成、構造組織、強度特性の評価を行うことが可能な研究施設で、最新鋭の透過電子顕微鏡、走査電子顕微鏡、集束イオンビーム(FIB)装置、引張試験機、硬さ試験機、破壊靭性試験機、衝撃試験機などの各種強度試験機、ナノインデンター装置等、高性能・高機能をもつ材料評価装置群が一箇所に集中して設置されています。これらを提供して民間企業等のイノベーション創製を支援することがこの事業の目的です。利用ご希望の方は、気軽にご相談下さい。
  • 宇治市五ヶ庄 京大宇治キャンパス北2号棟
  • 電話:0774-38-4560 URL
  •  

京都大学 防災研究所

防災研究所が保有する強震応答実験装置は、観測された強震動を精度よく再現する振動台であり、縮小模型あるいは実大試験体による構造物加振実験を実施して、その振動特性・破壊特性を把握するための研究を遂行することができます。また世界でもあまり例を見ない、長周期(10秒まで)かつ大振幅(±1mまで)の高精度水平加振実験が可能な「長周期振動実験システム」と連携しての使用も可能であり、長周期構造物の耐震性能把握や室内の安全性に関する実験もできます。
利用したい機関はぜひご相談下さい。
  • 宇治市五ヶ庄 京大宇治キャンパス内
  • 電話:0774-38-4046 URL
  •  
 

このページの上へ