トップページ > 医療産業・iPS等再生医療関連産業 > 補助金・助成金(製品開発・試作等)

医療産業・iPS等再生医療関連産業

概要表示しない概要表示する

補助金・助成金(製品開発・試作等)

再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業(国内医療機関からのヒト(同種)体性幹細胞原料の安定供給モデル事業)」

近畿経済産業局

本事業では、国内医療機関からのヒト(同種)体性幹細胞原料の安定供給に資する事業環境を整備するため、医療機関あるいは仲介機関を主体とする供給体制モデルを実証します。   ○分野等、公募研究開発課題名  A 医療機関が企業へ細胞原料を供給する体制を構築する事業      1課題当たり年...

再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業(再生医療シーズ開発加速支援)

近畿経済産業局

ベンチャー企業を含む民間企業を対象とし、企業が有する臨床開発前段階のシーズを迅速に臨床開発に進めるための研究開発を支援する。   ○補助対象経費の規模  1課題当たり年間 上限70,000千円 (間接経費を含まず)    ○研究開発実施...

研究開発型ベンチャー支援事業/シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援(STS)

近畿経済産業局

具体的な技術シーズを活用した事業構想を持ち、NEDO認定VCより、NEDOに申請する助成対象費用の1/3以上の金額の出資を受けるSTSに対する助成。   ○助成率及び助成額上限: 助成率:2/3以内(1件あたりの上限額は7,000万円)   ○助成事業の期...

中堅・中小企業への橋渡し研究開発促進事業

近畿経済産業局

中小企業等が橋渡し研究機関から技術シーズの移転を受けてビジネスにつなげることや、中小企業等が保有する技術を橋渡し研究機関の能力を活用して迅速かつ着実に実用化することを通じて、中小企業等が技術力向上や生産方法等の革新等を実現することを支援します。

課題解決型福祉用具実用化開発支援事業

近畿経済産業局

「福祉用具の研究開発及び普及の促進に関する法律」に基づき、福祉用具の開発を行う中小企業に対して助成金を交付することにより、福祉用具の実用化開発を推進し、高齢者、心身障害者及び介護者の生活の質を向上することを目的としています。

ロボット介護機器開発・標準化事業

近畿経済産業局

既に開発されてきた介護効率化型ロボットの普及促進のための効果測定、高齢者の自立した生活維持に資するロボット介護機器の開発及び安全基準等の開発、標準化を実施し、我が国の新しい物作り産業の創出に貢献することで、健康長寿社会の実現に寄与することを目的とします。  本事業は平成25年度から経済産業省において開始され、平成27年度からAMEDに移管されて平成29年度に終了した、...

医療研究開発革新基盤創成事業(CiCLE)

近畿経済産業局

産学官連携により、我が国の力を結集し、医療現場ニーズに的確に対応する研究開発の実施や創薬等の実用化の加速化等が抜本的に革新される基盤(人材を含む)の形成、医療研究開発分野でのオープンイノベーション・ベンチャー育成が強力に促進される環境の創出を推進することを目的としています。   【3つのタイプ】 (1)イノベーション...

ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金

近畿経済産業局

中小企業・小規模事業者が、認定支援機関と連携して、生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援します。

戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)

近畿経済産業局

地域経済を支える中小企業におけるイノベーションの創出を図るため、中小企業・小規模事業者が産学官連携して行う研究開発や新しいサービス物出るの開発等のための事業を支援します。

中小企業共同型ものづくり支援事業

京都府

IoT技術を駆使して、受注・設計・生産進捗管理の状況などの「情報の共有化」、共有機械の設置や遊休機械の利活用などの「工作機械の共有化」、またはその組み合わせ等により中小企業同士の連携・一体化を促進し、その生産性・競争力アップ等を実現する取組を応援します

このページの上へ